リゾートバイトが危ないと言われる理由。注意点を抑えて求人に応募しよう!

求人紹介
スポンサーリンク

短期的なバイトで楽しく稼ぎたい!

いろんな人達と新しい環境で働きたい!

コンビニや居酒屋、引越し業者などありきたりで体力的にも精神的にもしんどいバイトを敬遠し、華やかなリゾートバイトに興味も持っている方は多いのではないでしょうか。

フロントの受付やスポーツ施設スタッフ、レストランスタッフなど業務は多岐にわたりますが今まで体験した事の無いアクティブな働き方がリゾートバイトの魅力になります。

しかしリゾートバイトをネット検索に掛けると

「リゾートバイト 危ない」

の表示が出現することから不安を感じて求人に応募するか迷っているはず。

今回はリゾートバイトが本当に危ないのか究明すべく、体験談や口コミを元に記事をまとめました。

スポンサーリンク

リゾートバイトが危ないと言われる理由

リゾートバイトについて調べると多くのメディアで「危ない」と記載がされています。

リゾートという言葉からは、極楽・安らぎというイメージを連想しますが、バイトスタッフの視点からすれば大きく異なるのかもしれません。

下記にリゾートバイトが危ないと言われる理由をいくつかまとめていますので求人応募の参考にしてみてください。

□リゾートバイトが危ないと言われる理由

  • 異性関係のトラブルに発展しやすい
  • ハラスメント被害に合いやすい
  • 労働時間や環境の問題

異性関係のトラブルに発展しやすい

リゾートバイトは有名な観光地になるほど多くのスタッフが集まって働く環境になります。

さらに若い世代の人達から応募が集まりやすいため、現場では一緒に働く異性に対して様々な感情を抱きやすくなります。

過去のアンケート調査では、18歳~24歳学生でリゾバ経験者の4人に1人が、働いている期間中に彼氏・彼女が出来たと回答している結果もあるほど。

恋愛に発展しやすい環境ということは、裏を返せばトラブルにもなりやすい状況と言えるでしょう。

企業側もリスク回避のため異性間に対する細かいルールを定めているようですが、ルールがあると破りたくなる特殊な方もいらっしゃいます。

ケガや病気の次に、異性関係を危ないと主張している情報が多く見受けられたので存分に気をつける必要がありそうです。

ハラスメント被害に合いやすい

リゾートバイトでは「アルバイト」や「派遣」という立場の弱い雇用形態で働くことになりますので、上司やお客様からもハラスメントを受けやすくなります。

例えば、仕事を教えて貰っている時に「そんなこともできないのか!?」と罵声を浴びせられることもあれば、チクチクと小言のように嫌味を言われることも珍しくありません。

家の近くでバイトをするなら、毎日家に帰宅をして家族に近況報告をしたり、友達に話すことで悩みの解決や問題ある職場ということに気づけます。

リゾートバイトは遠方に住み込んで働く機会が多くなるため、悩みを相談できる人がいなかったり、周囲の人達も同じ環境で頑張って働いているため、ハラスメントが発生していても発覚しにくい可能性があります。

経験者の意見としてもハラスメント関連に関しては多くの口コミを見つけることが出来ましたので、参考までに掲載しておきます。

労働時間や環境の問題

リゾートバイトは短期的に稼げる仕事になりますが、過酷な労働環境に残業が多い職場も珍しくありません。

連勤が続きやすい職種としても有名で10連勤や口コミでは16連勤という記載も見受けられました。

仕事終わりの安らぎの場となる寮設備が不快なこともあるようで、体力的・精神的に追い込まれる場合も考えられるでしょう。

スポンサーリンク

リゾバは危ないのか口コミと体験談を元に調査

リゾートバイトを実際に経験した人達の「口コミ」や「体験談」を元に、リゾートバイトは本当に危ないのか確認してみましょう。

□リゾートバイトに悪い印象がある口コミ

まだリゾートバイトを経験した訳ではなく、これから働く予定の方が書いている口コミになります。

周囲から1人で行くのは危ないと不安視されていることが読み取れます。

スタッフはアトラクションを無理で楽しめる反面、行きすぎた行動や不注意により毎年ケガ人が出ているようです。

スキーやスノボーに限らず、キャンプ・マリンスポーツ・その他スポーツ施設では「突き指、ヤケド、捻挫」など楽しさのあまり、気の緩みによって発生する恐れがあるでしょう。

もちろんかを引き締めていても、一般的に生活するよりもケガするリスクは高くなります。

ゲスなことに、リゾートバイトと検索したら関連キーワードに「やりもく」と調べている方が多いようです。

リゾートバイトに出会いを求めて来る人は多いと言いますが、度を超えた考えを持っている人もいることになりますので要注意でしょう。

□リゾートバイトに良い印象がある口コミ

充実したリゾートバイトを終えて満足できた口コミとなります。

新しい友達が出来たことや、その他にも新たな繋がりを持てたことに喜びを感じていました。

同じく満足した口コミですが「誰か一緒に行ってくれる人がいるならまた行きたい」と言うことなので、1人ではなく知人とリゾートバイトに応募している可能性が高そうです。

幅広い年齢層との関わりを持てるリゾートバイトの魅力について呟かれています。

普通では味わえないような面白い体験を出来ることにもリゾートバイトで働くメリットはありそうです。

スポンサーリンク

危ないリゾートバイトの回避方法

リゾートバイトは短期的に楽しく稼げるだけでなく、良い体験が出来る魅力的なバイトであると口コミから分かりました。

しかし私達がまだしらないだけで、本当に危ないリゾートバイトを行っている事業者があるかもしれません。

間違ってもそのような求人に応募してしまわないよう、下記にて解説する回避方法は必ず目を通すようにしてください。

バイト先の口コミや評判は必ずチェックする

リゾートバイトの求人に応募する際は、バイト先となる現場・雇用される派遣会社の評判を必ずチェックするようにしましょう。

口コミを調べる際はTwitterやInstagramなどのSNSを活用することが有効的です。

Google検索で「リゾートバイト 口コミ」と調べても「危ない」とか「やめとけ」「きつい」このような情報ばかりが出てきます。

実際にはリゾートバイトに参加して良かった。友達が出来た。また行きたい!このような意見の方が多く見受けられました。

できるだけ応募する求人に近しい口コミを調べて事実確認をしてからリゾートバイトにチャレンジするようにしてみましょう。

労働条件には細かく目を通しておく

リゾートバイトで働く場合は、直接バイト先に雇われる雇用形態と、派遣会社と契約してバイト先に派遣される雇用形態があります。

どちらにしても契約時に労働条件の内容は詳しく確認しておくことが重要でしょう。

確認すべき項目は

  • 時給
  • 就業時間
  • 残業代の有無
  • 業務内容
  • 休日について

など。

インターネット上で求人募集されていた時の内容と、実際に契約書サインする時内容が異なる可能性も考えられます。

とくに多いのは派遣会社で契約書にサインした後、実際にバイト地で働いてみたら契約書と待遇が全く違ったという事例。

契約書にしっかり目を通していても、このような事態を防ぐのは難しいですが「聞いていた話しが違う」と主張して辞めることは可能でしょう。

契約書の内容を把握していなければ、労働環境がおかしいと感じていても、本当におかしいのか判断出来なくなってしまいますので要注意です。

バイト地周辺の治安を確認しておく

日本でのリゾートバイトならあまり気にする必要はないと思いますが、海外も視野に入れて検討しているなら勤務地の「治安」や「周辺情報」は事前に調べておきましょう。

治安の悪いところで働くのはそれだけで不安になりますし、盗難や犯罪の被害に遭うリスクも高くなります。

行ってみたい所だったとしてもリゾートバイトで行くことは極力控えた方がいいでしょう。

付き合いは程々に健康管理を徹底する

何事も人付き合いは大切ですし、リゾートバイトは多くの従業員と仲良くなる機会があるため仕事終わりの時間は「一緒に遊んだり」「お酒を飲んだり」して楽しむことが一般的なようです。

親睦を深めて共に働く仲間と気持ちを共有できる有意義な時間になりますが、度が行き過ぎると二日酔いでバイトに影響が出たり、問題行動を起こしてしまい働けなくなってしまう可能性も。

今まで吸ったことなかったタバコを付き合いで始める人もいらっしゃるようです。

個々の自由ではありますが、あくまでもリゾートバイトには働きに行っていますので健康管理を徹底し付き合いはほどほどにしておくことも重要なポイントでしょう。

まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました